脱毛と除毛の違いとは

###Site Name###

自宅でムダ毛処理を行う場合、脱毛と除毛とで迷うことがあります。

両者には明確な違いがあり、除毛の場合は皮膚の上に出ている部分をカットしているだけですので、すぐにまた伸びてきてしまいます。


処理スパンが短く、剃る際には痛みが無いのが主な特徴です。

ごく短時間で広範囲の処理を行えるので便利ですが、剃る時に皮膚の表面まで一緒に削り取ってしまいますので安全に処理できるとは限りません。

見えない傷がたくさんついているケースも多く、色素沈着の原因になるような負担をかけることもあります。



脱毛の場合には毛根からムダ毛を引き抜いていますので、再生してくるまでにはしばらくかかります。



処理間隔は空けられる方法ですが、抜く時に痛みを伴うことも少なくありませんので、皮膚の薄い場所や柔らかい部分は躊躇してしまうこともあります。

一時しのぎの方法は痛みを伴うことがほとんどであり、痛い思いをしてもまた生えてきてしまうのなら除毛の方が楽だと感じて除毛を選択するケースもあります。



脱毛の中には痛みがとても小さい種類もあり、最近はそれらが主流になっています。

現在行われている方法の中でもっとも痛みが小さいのは光脱毛であり、IPL・プラズマ・フラッシュなどと多少の呼び方の違いはあっても肌への優しさや基本的な仕組みは共通しています。

ムダ毛の再生にダメージを与える方法ではあっても肌トラブルを起こすような刺激の強い方法ではありませんので安心です。